このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ新型コロナウイルス感染症ワクチン接種> 【新型コロナワクチン】5歳から11歳へのワクチン接種

【新型コロナワクチン】5歳から11歳へのワクチン接種

【新型コロナウイルスワクチン】5歳から11歳へのワクチン接種

 

◆オミクロン株(XBB.1.5)に対応した1価ワクチンの接種を実施しています◆

 

5歳以上のお子様もオミクロン株(XBB.1.5)に対応した1価ワクチンの接種が可能になりました。

なお、小児においても中等症や重症例が確認されており、特に基礎疾患を有する等、重症化するリスクが高い小児には接種の機会を提供することが望ましいとされています。
 

 

 

 

 

■初回接種

新型コロナワクチン接種のうち1~2回目接種をあわせて初回接種といいます

 

使用ワクチン

・5~11歳用オミクロン株(XBB.1.5)に対応した1価ワクチン(令和5年9月20日~令和6年3月31日)

 

対象者

5歳~11歳で新型コロナワクチンの初回接種が完了していない方

(乳幼児用新型コロナワクチンでの初回接種を完了した方は除く)

 

【注意】接種時期に12歳を迎える方

〇5歳から11歳以下と12歳以上で使用するファイザー社のワクチンは用法・用量等が異なります。
1回目の接種時に11歳だった方が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目の接種でも小児用のワクチンを使用します。

予約の調整を行いますので健康増進課へご連絡ください。
〇12歳になってから、12歳以上のワクチンを2回接種することも可能です。予診票は12歳になるまでに届いたものをそのまま使用できます。

 

接種回数・接種間隔

 通常3週間以上の間隔をおいて2回接種

交互接種の場合は、4週間以上の間隔をおいて2回接種

 

※原則として、インフルエンザワクチンを除き新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種できません。

   新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

 

 

■追加接種

3回目以降の接種を追加接種といいます

 

使用ワクチン

小美玉市内医療機関では以下のスケジュールによって使用ワクチンが異なります

 

◆令和5年4月1日~令和5年9月19日

  ・ファイザー社5~11歳用オミクロン株対応2価ワクチン

 

◆令和5年9月20日~令和6年3月31日

  ・ファイザー社5~11歳用オミクロン株(XBB.1.5)に対応した1価ワクチン

 

<注意>

3回目以降の接種では、一定の接種時期にそれぞれの対象者に1回ずつ接種が可能です

原則として、インフルエンザワクチンを除き新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種できません

新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます

 

接種する時期による名称と対象者

追加接種についてはワクチンを●回接種する権利があるという考え方ではなく、一定の期間の間、それぞれの期間の対象者に1回接種を行うこととされています

従って接種回数に対する名称ではなく、接種時期に対する名称が使用されています

国や自治体からの通知を確認する際にご参考ください

 

 

◆オミクロン株対応2価ワクチンでの追加接種

実施期間 令和4年3月8日  ~  令和5年9月19日
使用ワクチン

オミクロン株対応2価ワクチン

対      象 初回接種を完了した5歳~11歳のすべての方
接種回数 1回
接種間隔 前回の接種から3か月

 

◆令和5年春開始接種

実施期間 令和5年5月8日  ~  令和5年9月19日
使用ワクチン オミクロン株対応2価ワクチン
対     象

上記オミクロン株対応2価ワクチンでの追加接種を

完了した5歳~11歳で基礎疾患を有する方※

接種回数 1回
接種間隔 前回の接種から3か月

 

◆令和5年秋開始接種

実施期間 令和5年9月20日~令和6年3月31日

使用ワクチン

オミクロン株(XBB.1.5)に対応した1価ワクチン

対     象 初回接種を完了した5歳以上のすべての方
接種回数 1回
接種間隔 前回の接種から3か月

 

 

費用

無料

 

 

5歳~11歳を対象とした接種の予約について

前回の接種日より3か月経過するころに接種券(予診票)を発送します。

お手元に接種券(予診票)が届き次第ご予約ください。

 

・個別接種会場(ファイザー)

 

 

 
QR_予約サイト
 
・健康増進課 0299-48-0221

 

<注意>

医療機関の状況などにより接種を一時中止している場合があります。


〇市外の医療機関へ通院中の方
かかりつけ医療機関で接種できる場合があります。
各医療機関へご相談ください。

【ご注意ください】
◎接種予約後、下記のいずれかに該当する方は予約の変更をお願いします
・発熱などの風邪症状がある方
・新型コロナ陽性とされた方と濃厚接触した方
・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
 

予約方法

Web予約または小美玉市健康増進課での電話予約をお願いします。

 

【Web予約について】

注意)以下の方の予約は健康増進課にてご予約ください。

1回目の接種を5歳から11歳の時に行い,2回目の接種時に12歳を迎えた方。

(予約サイトで予約取得が不可能となっています)

 

Web予約はこちらから(新しいウィンドウが開きます)

 

 

 

【小美玉市健康増進課】

電話番号:0299-48-0221

開設時間:9時00分から17時00分(平日のみ)

 

ワクチン接種に必要な書類

これまでの接種状況や本人確認、当日接種した証明を作成するために必要な書類などをお持ちください

 

必要書類の案内はこちら

 

予診票発送

6か月から4歳の時に送付した予診票も引き続きご利用できます。

予診票が無い方は、健康増進課へご連絡ください。

 

対象者への予診票は前回の接種から3か月を迎える時期を目安に発送予定です。

 

参考情報

コロナワクチンがいこくごのじょうほう

しんがたコロナウイルスかんせんしょうをよぼうするワクチンのことがわからないひとへ

やさしいにほんごのページはこちら

ワクチンのせつめいや、よしんひょうのないようをいろいろなくにのことばでしょうかいするホームページはこちら(こうせいろうどうしょうのホームページへリンクします)

 

ワクチンの効果(令和5年3月8日更新)

ワクチンを受けることで、体のなかで新型コロナウイルスと戦う仕組み(免疫)ができます。
米国の調査によると5歳から11歳における従来型ワクチン接種では初回接種の効果が徐々に低下しますが、従来株ワクチンによる3回目接種後3~5か月経過した後の感染予防効果が50%程度に回復したと報告されています。
 

ワクチンの安全性

ワクチン接種後の数日以内に現れる症状は、注射した部分の痛みが一番多く7割程度にみられます。
受けた直後よりも、その日の夜や次の日に痛みを感じる人が多いです。
発熱がみられる割合は1割未満です。
ほとんどが軽度や中等度であり、令和5年3月8日時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められないと判断されています。

 

守ってほしい、大切なこと

ワクチンを早く受けている人や、ワクチンを受けられない理由がある人など、様々な人がいます。
ワクチンを受けている、受けていないといった理由で周りの人を悪く言ったり、いじめたりすることは絶対にあってはなりません。

 

【注意】努力義務

「努力義務」とは、特定の予防接種について、接種の対象者や保護者に「受けるよう努めなければならない」「受けさせるため必要な措置を講ずるよう努めなければならない」と定める予防接種法上の規定で、義務とは異なります。感染症の緊急のまん延予防の観点から、皆さまに接種にご協力をいただきたいという趣旨からこのような規定があります。

 

 

外部資料

【厚生労働省】

厚生労働省最新情報はこちら

◆厚生労働省が発表している有効性(臨床試験の概要)について(新しいウィンドウが開きます)
小児接種(5~11歳)のQ&A

pdf5歳から11歳のお子様と保護者の方へ新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(pdf 652 KB)

 

【茨城県立こども病院】

◆5歳から11歳の方が使える市販の解熱鎮痛薬
   
  

  
  


掲載日 令和6年2月29日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
保健衛生部 健康増進課 感染症予防係
住所:
〒319-0132 茨城県小美玉市部室1106
電話:
0299-48-0221 内線 4007〜4009
FAX:
0299-48-0044

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています